毛皮など殺生を思わせるものは着ないようにします。また和装でも、格に気を付けて着るようにします。

初めての結婚式講座その9 結婚式招待客の服装について

招待客は白色は着ない。

結婚式の主役は花嫁です。
白色は、花嫁の色なので、白色は着ていかないようにします。

 

たとえば、上だけ白色の場合も、座れば白色しか見えないので避けましょう。
コサージュも生の花のものはつけず、つけるならば造花のものにします。

 

どうしても白色のドレスしかないという場合はジャケットを着るようにして、白色と何かほかの色を組み合わせるようにします。

 

オフホワイトも、白色に近いので、他の色か、柄のあるものにします。

 

 

殺生を思わせる、毛皮や、皮の服は着ない。

結婚式は、お祝いの席なので、動物の皮をつかったものは、殺生につながり、あまり縁起が良くありませんので、おしゃれなものや、高価なものでも着ないようにします。

 

冬などで、とても寒い場合、毛皮のコートを着ていく場合は、クロークに預けてしまい、毛皮のコートは行き帰りのみというふうにします。

 

和装の場合も、冬に毛皮のストールなども、クロークに預けてしまいます。

 

 

結婚式の時間帯で洋装は変える。

結婚式のパーティーが、日中の場合は、あまり肌を見せたようなものは着ないようにします。
夜の場合は反対に、イブニングドレスでもよいでしょう。

 

アクセサリーも、昼間はパールならばよいですが、あまりキラキラ光るものは着けないようにします。夜の場合は、反対で、キラキラするものを付けるようにします。
デザインも、花等にして、縁起の悪いデザインはさけます。

 

 

黒のドレスの場合はアクセサリーで華やかにする。

結婚式の服装

本来黒は喪服として着る色なので、デザインが華やかでもゴールドや、ピンク等のアクセサリーやストールや、華やかなアクセサリーを付けて華やかにします。

 

バッグや、靴を、真っ赤にするなど、黒色を引き立たせながら華やかにする工夫をしましょう。

 

女性の会社用のスーツの様なものしかない場合も、コサージュや、ブラウスを華やかなものにして
華やかにする工夫をします。

 

 

 

和装での出席する場合。

独身の若い女性ならば、ぜひ振袖で出席してあげましょう。

 

会場が、平服でということでの招待状の場合は、振り袖は避けますが、そうでない場合は、喜ばれます。

 

和装でも、大島紬など、高価でも普段着の着物がありますので着物の格を考えて、附下または、訪問着、紋付きの色無地、色留袖、親族ならば留袖、にします。

 

親族は、黒の留袖が多いと、暗い感じになりますので、華やかな色合いのものにしましょう。

 

 

 

平服でお越しくださいという時の服装。

平服でと断りのある場合は、新郎新婦の衣装も比較的軽い装いなので自分は張り切って、振り袖というのでは、ちぐはぐになるので、ある程度フォーマルな服であればよいでしょう。