和装での花嫁の最高の格の衣装は白無垢であり、教会で式を挙げる場合は、肌の露出を控えたものにします。

初めての結婚式講座その7 結婚式新郎新婦の衣装について

ドレス選びは会場にあったものを。

衣装を選ぶ際に式のスタイルや会場とのバランスを考えましょう。
教会で式を挙げる場合は、肌の露出の控えたものにします。

 

会場が、ホテルや結婚式場の場合は、お色直しなども控室などがあり用意もしやすいですがレストランで、カジュアルにという場合は、着替えが出来るのかなどの下調べもしておきましょう。

 

 

 

衣装の持ち込みには料金がかかる。

ホテルや、結婚式場では、そのホテル独自のレンタル衣装などがある場合が多く、自前のドレスを持ち込む場合は、持ち込み料金がかかる場合がありますので事前に問い合わせをしておきましょう。

 

 

 

花嫁の正式な和装。

和装での花嫁の最高の格の衣装は白無垢です。
帯や小物、下着も白色です。

 

髪は、文金高島田、打掛を羽織ります。
挙式のときには綿帽子、または角隠しをします。

 

 

花婿は花嫁の格に合わせる。

花嫁が和装の場合は、花婿は紋付き羽織はかまで同じく和装にします。女性がウエディングドレスならば、昼間ならばモーニング、または夜ならばタキシードにします。

 

お色直しで、和装から洋装に変える場合は、花嫁、花婿ともに洋装か、和装かあわせて着替えます。

 

 

 

両親の装いは、新郎新婦と格をそろえる。

両親の装いも、新郎新婦と格をそろえます。

 

和装で白無垢と、紋付き袴の新郎新婦の場合
  • 母親は五つ紋の黒留袖
  • 父親は紋付き袴

 

洋装の場合
  • 母親は昼間は、アフタヌーンドレス、夜はイブニングドレス
  • 父親は、昼間はモーニングコート、夜は、タキシード

 

を着るのが正装です。

 

 

 

平服でと書いて招待したとき。

平服でお越しくださいということを書いて招待状を出している場合は、花嫁花婿も、略装であるということで、白無垢に、羽織袴では失礼になってしまいます。

 

両親もそれに同じく、父親はダークスーツ、母親は色留袖、無地の紋付、訪問着や附下、洋装ならばセミフォーマルのワンピース、スーツにします。

 

 

 

花嫁のブーケは、生の花が正式。

ブーケ

花嫁の持つブーケは正装では、生の花を使います。

造花は、準礼装となります。

 

本来は花婿が花嫁にプレゼントするものです。

 

花婿もブーケとみあったブートニアを上着の襟に刺すというのが増えています。

 

花屋で、注文する場合、できればウエディングドレスの写真を見せてこのドレスにあったものとお願いするか、好みの花の希望を伝え本来、真っ白ですが、淡い色の花を混ぜても構いません